千葉のフレンチブルドッグ専門ブリーダー【EXCELLENT KIND】TOP > フレンチブルドッグ Q&A

フレンチブルドッグ Q&A 〜フレンチブルのよくある質問〜

Q1:子犬の見学は可能ですか? 写真 もちろん可能です。見学を希望の場合は前日までにご予約をお願いします。
当日ですとご希望に添えない場合があります。

見学の際、マナーの悪いお客様には子犬をお譲りできないこともございます。
あらかじめご了承くださいませ。

尚、ご見学日までの間に他のお客様より購入希望があった場合、そちらを優先とさせていただく場合もございますのであらかじめご了承ください。

Q2:成犬になったときの大きさを知りたいのですが・・・ 男の子 約10キロ〜約13キロ
女の子 約8キロ〜約11キロ

個体差はありますが、当犬舎のフレンチブルドッグは上記の大きさが平均になります。

ちなみにフレンチブルドッグのスタンダード(標準)はオスメスともに8キロ〜13キロとされています。

Q3:男の子と女の子ではどちらが飼いやすいでしょうか? 写真 まず、間違えてほしくないのは男の子だから「やんちゃ」女の子だから「おとなしい」という考え方です。

犬も人間と同じように、性格は個体差によって違います。

男の子は本能的にマーキングの習性がありますが、トイレトレーニングや去勢でそれほど気にならなくなります。
女の子には生理がありますので手間はどちらもそれほど変わらないと思います。

体型は男の子は筋肉質で体全体にメリハリがあり頭部も大きくなります。
女の子は男の子より全体的に小さく、頭部も一回り小さい子が多いです。

男の子女の子ともにそれぞれ違った魅力が犬種なので性別に執着されない方が、良い出会いがあるかもしれませんね。

Q4:子犬の価格の違いはなぜですか? 子犬の価格は代々受け継がれてきた血統や生まれてきた子犬の出来栄え、将来性、性別などを総合的に判断して決めています。

※当然ですが、心身共に健康な子犬のみをご紹介しておりますので、金額によって健康状態が変わるということは一切ございません。

Q6:飼育環境の条件はありますか? 写真 フレンチブルドッグは室内犬です。
外飼いは100%不可能ですので室内での飼育が困難な方には不向きです。

フレンチブルドッグは暑さに弱く、夏場は基本的にエアコンなどの空調管理が必要です。
室内でも夏場の温度管理が出来ない環境の方は飼育困難と考えください。

犬は人間と同じ生き物です。異常な室温での生活は人間でも体調を崩します。
犬だから大丈夫というような人間の都合の良い考え方はやめてください。

Q7:他の犬種との多頭飼いに向いていますか? フレンチブルドッグは犬や人間に対しとてもフレンドリーな性格ですので同犬種、他犬種関係なく多頭飼いにとても向いている犬種です。

フレンチブルドッグを飼われている方に多頭飼いをされている方が多いのもそのような理由からだと思います。

犬にとっては一緒に暮らせるパートナーがいる事は幸せなことです。

飼育環境が許されるならパートナーを迎えてあげるのもオススメです。